• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • オススメ

IAQモニター MODEL2211

日本カノマックス

CO、CO2、温度、湿度を同時測定。

室内空気環境IAQ (indoor air quality) 調査に欠かせない、CO、CO2、温度、湿度を同時測定。内部メモリー、計測ソフトウェアも付いており、データ管理や換気率算出に役立ちます。屋内の空気質の計測に。

IAQモニター MODEL2211


特長

ビル管理に欠かせないCO(一酸化炭素)、CO2(二酸化酸素)、温度、湿度を同時計測

オフィスや住宅など、さまざまな室内環境のCO・CO2・温度・湿度を同時に計測うち3項目をモニターに同時表示できます。シックハウス症候群対策の指標となる換気率の算出も可能です。

計測ソフトウェアを標準装備

計測データをパソコンへ直接転送できるRS-232C通信端子を搭載。

互換性プローブの採用で、故障時も安心

ワンタッチで取り外しができる互換性プローブを採用。万が一の故障時も、交換して校正するだけで測定が続けられます。

測定に便利なスタンド付き

プローブをスタンドに立てて、定点で計測でき、データの信頼性か高まります。

用途

  • オフィス・住宅の室内環境管理に。
  • 建物・工場の空調管理に。
  • 各種研究に。

シックハウス症候群対策のために住まいの換気率(外気取り入れ率)を算出

シックハウス症候群対策のために住まいの換気率

近年、建材や家具の化学物質や住宅の高気密化により、シックハウス症候群が問題になっています。平成14年には建築基準法の改正で換気設備の設置が義務付けされ、換気回数(一時間当たりに部屋の体積分の空気量が入れ替わる回数)という新たな基準が設けられました。IAQモニターでは、外気、供給、排気のCO2濃度(または湿度)を測定することにより、外気がどれだけ有効に室内に取り入れられているかを示す「換気率(外気取り入れ率)」を演算。「換気回数」よりさらに詳細に換気効率を評価する指標として活用できます。

※IAQモニターでは換気回数の測定はできません。


  • 換気率=(RA−SA)÷(RA−OA)×100
  • RA:排気エアーの温度またはCO2濃度
  • SA:供給エアーの温度またはCO2濃度
  • OA:外気エアーの温度またはCO2濃度

IAQモニター MODEL2211

ページトップ