• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

風向風速計とは

垂直尾翼により風が吹くとプロペラが風上に向くように回転し、胴体の向きからは風向を、プロペラの回転数からは風速を観測します。

レックスでは、以下の風向風速計を取り扱っています。

機種
弱風用風向風速計 KDC-S04
型番
ノースワン
測定範囲
風速:0〜40m/s
風向:0〜355°
起動風速
0.4m/sec、0.7m/sec(5°)、0.5m/sec(10°)
  • 気象庁検定

風向の検出精度と起動風速を低く抑え、日本の気象条件に合わせた耐久性と高精度を兼ね備えた、気象庁検定が取得できる特殊仕様です。

弱風用風向風速計 KDC-S04

> 弱風用風向風速計 KDC-S04をさらに詳しく見る

機種
風向風速測定装置 KADEC21-KAZE
型番
ノースワン
測定範囲
風向:0〜20KΩ(0〜360°/0〜10KΩ)
風速:0〜1KHz(0〜60m/s:0〜612Hz)
測定精度
風向:±0.2%以内
風速:±0.2m/s
  • 気象庁検定

小型・軽量の風向風速センサーと長期間連続記録のロガーの組み合わせ。何台も設置しなければならない多点の観測には最適です。

風向風速測定装置 KADEC21-KAZE

> 風向風速測定装置 KADEC21-KAZEをさらに詳しく見る

機種
D1風向風速 AS D1-008AS
型番
ログ電子
測定範囲
0〜60m/s
起動風速
1.0m/s
  • オススメ
  • 気象庁検定

CFカードを入れるとすぐにデータを読み込む設置が簡単な風速計。観測を続けながら電池交換ができるので、データが途切れる心配がありません。

D1風向風速AS D1-008AS

> D1風向風速AS D1-008ASをさらに詳しく見る

機種
3次元超音波風向風速計 SAT-600
型番
ソニック
測定範囲
風速:0〜60 m/s
風向:0〜540゚
測定方式
時分割送受切替型超音波パルス方式

水平・鉛直の3次元で計測することができます。従来の2次元水平風向風速計では困難な鉛直成分風速(吹き上げ・吹き下ろし)の立体的な観測が可能です。

3次元超音波風向風速計 SAT-600

> 3次元超音波風向風速計 SAT-600をさらに詳しく見る

風向風速計

ページトップ