• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • オススメ
  • 気象庁検定

仕様 : D1風向風速AS D1-008AS

ログ電子

タイプ
D1風向風速AS D1-008AS

仕様

センサー

風速部
測定方式 マグネットコイル発信方式
測定範囲 0〜60m/s
起動風速 1.0m/s
出力 1Hzあたり0.098m/s(3周期/回転)
精度 ±0.3m/s
風向部
測定方法 シングルポテンショメータ、10Ω(±20%)非直線性0.25%
測定範囲 0〜360°(不感帯355〜359°)
起動風速 0.9m/s(変位10°)、1.3m/s(変位5°)
精度 ±3°
瞬間耐風速 最大70m/s
取付ポール φ34mmのポール
寸法 全高:400mm、全長:570mm、プロペラ直径:180mm、回転半径:380mm
重量 約1kg

データロガー

型式 D1-008AS
入力CH数 風向1CH、風速1CH
対応風向風速計
  • 風向:ポテンショメータ
  • 風速:AC電圧(パルス)出力の風向風速センサー
サンプリング
  • 風向:1秒毎
  • 風速:1秒毎にパルス数を測定(ゲートタイムは10〜1秒間で選択)
測定性能
  • 風向:分解能1/360(540)不感帯処理あり(記録は16方位を数値記録)
  • 風速:分解能1/1000フルスケール調整機能あり
測定モード インターバルごと
  • 瞬時風向、瞬時風速
  • 移動ベクトル平均風向、移動最多風向、移動平均風速、移動風速標準偏差
  • 移動平均最大風速時の最多風向、発生時刻(リセットは毎時00分)
  • 移動平均最大風速時のベクトル平均風向、発生時刻(リセットは毎時00分)
インターバル間
  • ベクトル平均風向、最多風向、平均風速、風速標準偏差
  • 瞬間最大風速、風速発生時の風向、発生時刻(リセットは毎時00分)
各種項目設定方法 本体スイッチ(機能制限あり)
測定間隔 1、2、5、10、15、20、30、60(分)
データ管理補助 測定開始時刻、終了時刻、データ数、8項目のメモ、その他の記録
データ記録容量
  • 114,688データ(8CH測定モード、10分インターバルで約3.3ケ月分のデータ)
  • 最新と過去6世代分のデータを管理(記録容量の範囲以内)
データカード回収 コンパクトフラッシュカード(本体カードソケットにカードを挿入することにより、自動回収)
データ転送 RS-232Cシリアルインターフェース(最大38.4Kbps)(専用回収ソフト使用時は、独自転送方法にて114,688データを2分にて転送)
表示画面 8桁セグメントLCD表示(数字およびアルファベット表示)
電源 CR-P2(カメラ用リチウム電池6V)×2(簡易電池残量表示あり)
センサー取付方法 防水コネクタ接続
使用環境 −20〜+70℃(結露しないこと)
ケース ポリカーボネイト防滴ケース
寸法 230(W)×95(D)×140(H)mm
重量 2kg以内(装備重量)

D1風向風速AS D1-008AS

ページトップ