• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • 気象庁検定

風向風速測定装置 KADEC21-KAZE

ノースワン

多点の観測には最適。

小型・軽量の風向風速センサーと長期間連続記録のロガーの組み合わせ。何台も設置しなければならない多点の観測には最適です。気象庁検定の有り、無しの2タイプあります。

タイプ
風向風速測定装置 KADEC21-KAZE


特長

優れた動作温度範囲

KADEC21シリーズは、−25〜+80℃まで温度環境に対応。計測フィールドを選びません。

低消費電力動作による長期電池動作を実現

TRON OSによる徹底した低消費動作化をはかり、内蔵電池のみで約300日間以上の連続測定を実現。※1電池残量が、ひと目でわかる電池残量レベルメーター機能搭載。

高精度な風要素測定

瞬時データおよび演算結果を集録し、風向風速の瞬間値、最大値、標準偏差(NEDO)などの必要な値を記録。また、気象庁検定取得可能な風向風速センサー(YOUNG社)を接続することにより安定した実力を発揮します。

LCD表示、3ボタンによる簡単操作

直感的に操作できるUP/DOWN/ENTERの3ボタンだけで簡単メニュー操作。また、REC/STOPスイッチを操作するだけで記録開始/停止ができます。

CFカードにデータ転送(CFカードタイプ)

CFカードにデータ転送をでき、設置現場で簡単にデータ回収できます。また、CFカードをメモリー媒体として使用することができ長期記録によるメモリー不足の心配がありません。

  • ※1:測定インターバルにより変動します。

用途

  • 何台も設置しなければならない多点の観測。

風向風速測定装置 KADEC21-KAZE

ページトップ