• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • オススメ
  • 残留塩素

ポケット残留塩素計 58700-00

ハック社

持ち運び自由自在のポケットタイプ。

残留塩素の専用ポケット水質計。持ち運び自在のポケットタイプで、デジタル直読 、すべての操作は3つのキーでできます。使い勝手と測定精度を重視される方におすすめです。

ポケット残留塩素計 58700-00


特長

  • デジタル直読。
  • 高精度。
  • 持ち運び自由自在のポケットタイプ。
  • 遊離塩素と全塩素をDPD法により測定。
  • 使い勝手と測定精度を重視される方にお薦め。
  • 簡単操作。すべての操作は3つのキーでOK!

用途

  • スイミングプール・飲料水・冷却水・水道・浴槽など。

塩素-Chloride・Chlorine-とは

水道水やプールなど消毒に使われる物質で、自然界の水の中には存在しません。コレラ菌が水道を伝って流行したヨーロッパでまず普及しました。安全な水を供給するため、水道やプールには残留塩素が含まれていることが法律で義務づけられています。

残留塩素とは

水中に残留するすべての有効塩素のことで、遊離残留塩素と結合残留塩素があります。全残留塩素とも呼びます。(全残留塩素=遊離残留塩素+結合残留塩素)なお、単なる塩化物イオン(Cl-)とは異なります。

遊離残留塩素とは

塩素(Cl2)、次亜塩素酸(HClO)、次亜塩素酸イオン(ClO-)のことです。
これらの存在状態は、水のpH値によって変化し、pH4以下では次亜塩素酸が減少する反面塩素が徐々に増加し、逆にpH5以上では次亜塩素酸が減少する反面次亜塩素酸イオンが徐々に増加します。
いずれも強い殺菌力を有するため、遊離残留塩素濃度は殺菌力の指標として用いられます。

結合残留塩素とは

モノクロラミン(NH2Cl)、ジクロラミン(NHCl2)、トリクロラミン(NCl3)などの窒素と結合した塩素のことで水にアンモニアなどが含まれていると塩素消毒剤とアンモニアが反応して生成します。
クロラミンにも弱いながら殺菌力はありますが、殺菌力よりも汚れの指標として用いられます。

DPD法とは

残留塩素がジエチル-p-フェニレンジアミン(DPD)と反応して生じる桃赤色を、カラーチャートと比色、または、吸光度(波長511nm付近)を測定することで残留塩素の濃度を求める方法。
他にポーラログラフ法、シリンガルダジン法があります。

ポケット残留塩素計 58700-00

ページトップ