• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

クロロフィルメーター CHL-5Z

笠原理化工業

クロロフィルをリアルタイム測定。

青の光を吸収して赤い光(蛍光)を発生する性質を利用して投光部に青色の励起光源を、受光部に赤の蛍光を受光する検出器構造とすることで、植物プランクトンの生きた細胞中のクロロフィルの濃度に応じて発生する蛍光強度をそのまま測定することがでます。

クロロフィルメーター CHL-5Z


特長

  • クロロフィルによる蛍光強度をリアルタイム測定。
  • 検出器を直接水中に浸漬して測定可能。
  • ウラニン濃度から相関係数を入力してクロロフィル濃度に演算表示が可能。

用途

  • 養殖場、水産資源研究、河川、海、湖沼の赤潮やアオコなどの環境調査。
  • 植物プランクトン(藻類)の葉緑素含有の細胞研究、培養試験など。

測定値

測定値はウラニン濃度表示ですが、相関係数を入力・設定することでクロロフィル濃度に換算表示が可能です。
ウラニン濃度とクロロフィル濃度の相関係数 y=a+bx を入力して演算が可能です。また、手分析で求めた検水のクロロフィル濃度で2点校正も可能です。

測定原理

イメージ:測定原理

クロロフィルは、青の光を吸収して赤い光(蛍光)を発生する性質を利用して投光部に青色の励起光源を、受光部に赤の蛍光を受光する検出器構造とすることで、植物プランクトンの生きた細胞中のクロロフィルの濃度に応じて発生する蛍光強度をそのまま測定することができ、培養試験や簡易的なクロロフィルの現場測定に適しています。この蛍光強度はプランクトンの種類等で異なりますのでクロロフィルの絶対値を求める場合、アセトン抽出測定法等との相関を求める必要があります。

アセトン抽出測定法

検水をフィルターで濾過し、アセトンなどの有機溶媒で抽出し、検液の一部を吸収セル(50mm)に採り、アセトン溶液を対照とし、光電分光光度計を用いて波長750nm、663nm、645nm、630nmにおける吸光度をそれぞれ測定します。分析で求めた663nm、645nm、 630nmの吸光度から750nmの吸光度を差し引き、吸収セル10mm当たりに換算したときの値をe663、e645、e630とし、次式によって検液 1mL中のクロロフィルa量(aμg)を求めます。

クロロフィルa(aμg)=11.64(e663)−2.16(e645)+0.10(e630)

クロロフィルメーター CHL-5Z

ページトップ