• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • NEW
  • COD計

仕様 : Quick COD HC-607

セントラル科学

Quick COD HC-607

仕様

型式 HC-607
測定原理 電量滴定法
測定方法 酸性法・重クロム酸法(オプション)
JIS K-0101、K-0102に準拠
終点検出法 電位差法(2次微分法)
測定レンジ 10、20、40、100、200、400、1000mg/L
7レンジ SET:0〜2000mg/Lで任意設定
繰り返し再現法 ±2% FS(酸性法)
最小読み取り 0.01mg/L(0〜10レンジにおいて)
表示器 16桁2行液晶表示(バックライト付)
測定終了 電解自動停止ブザーによる報知
酸化時間計測 デジタルタイマー0〜9分59秒
酸化終了 ブザーによる報知
演算機能 Y=aX+b換算、自動ゼロ調整、統計計算、測定結果正常値範囲の判定
換算式 Y=aX+b 
a=0.00〜99.99
b=−999.99〜999.99
エラー表示 ブランクオーバー、タイムオーバー(終点なし)、電極ブロック接続不良、測定結果正常値範囲の判定
外部出力 RS-232C 1ポート標準装備
(ホスト出力/プリンター切替使用)
寸法 310(W)×270(D)×300(H)mm
質量 約5kg
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 約100VA

Quick COD HC-607

ページトップ