• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • 自動車排ガス
  • 黒煙

オパシメータ ALTAS-5100D

アプリクス

道路運送車両法施行改正による技術基準に完全対応。

一体型キャスター付き台車で測定場所への移動も簡単です。測定は、手元のリモコン操作で運転席に座ったまま完了します。

オパシメータ ALTAS-5100D


特長

  • 道路運送車両法施行改正による技術基準に完全対応。
  • 測定位置への移動がキャスター付台車で楽々。
  • 使いやすい操作部、表示部一体構造。
  • 純国産オリジナルチャンバ(検出部)による信頼設計。
  • 測定が簡単なシンプル操作、見やすい高輝度ブルーLED表示を使用。
  • フリーアクセル測定に便利な3回測定時の平均値表示。
  • 便利なワイヤレスリモコンの使用で運転席での操作・合否判定が可能。
  • 検出部掃気ファンの待機中騒音を削減、耐久性との両立化を実現。
  • CS(コンサートシステム)・IDIS(CRT表示検査ライン)に対応可能。

オパシメータ測定車について

平成19年9月1日以降に型式指定の申請をしたディーゼル車は、オパシメータ測定車となります。次のいずれかに該当するディーゼル車は、「オパシメータ測定車」となり、オパシメータにより検査を行います。(規制値:0.80m-1(パーメーター) および ポスト新長期規制適合車:0.50m-1(パーメーター))

  • 車検証の備考欄に、「オパシメータ測定」と記載されているもの。
  • 車検証に記載されている型式指定番号が、「16000」番以降のもの(特殊自動車を除く)。
  • ポスト新長期規制適合を示す排出ガス記号が付されているもの(平成21年秋以降)。
  • 輸入車のオパシメータ測定車については平成20年8月以降の型式申請から適用する予定です。

※3桁のガス記号で1桁目がL、M、R、Sのもの

黒煙規制値/規制値/閾値の確認もボタンひとつ

黒煙規制値/規制値/閾値の確認

車種と黒煙測定認証車に対するスクリーニング値および、規制値と闘値

車種 黒煙規制値(%) スクリーニング値(m-1)規制値(m-1 闘値(m-1
A 50 2.76 2.20
B 40 1.62 1.29
C 35 1.27 1.01
D 30 1.01 0.80
E 25 0.80 0.64
F 0 0.00 0.00
  • スクリーニング値:黒煙の規制値を光吸収係数として表した場合の値。
  • 閾値(しきいち):規制値およびスクリーニング値の約80%の値。

規制値、スクリーニング値について

従来の黒煙汚染度もオパシメータによって判定をすることができます。(※スクリーニング検査)
(合否判定についての運用方法詳細は、管轄の運輸支局(自動車技術安全部整備課、整備部門 等)、自動車整備振興会等へお問い合わせください。)

黒煙測定車は、これまで通り黒煙測定器により検査を行いますが、オパシメータにより検査を行うことも認められています。

※「スクリーニング検査」とは、黒煙測定車をオパシメータを使用してオパシメータ検査をすること。その際の判定値を「スクリーニング値」といいます。

オパシメータを用いた規制値とスクリーニング値と閾値

オパシメータを用いた規制値とスクリーニング値と閾値
  • 単位 [m-1] :オパシメータの測定値の単位。「パーメーター」と呼ばれています。
  • スクリーニング値 :スクリーニング検査時の判定値。
  • 閾値(しきいち):スクリーニング値の約80%の値。1回目または、2回目の測定時に判定の基準となる値です。

閾値(しきい値)について

しきい値とは規制値、スクリーニング値の約80%の値を意味します。黒煙測定器では3回測定の平均値で合否判定を行いますが、オパシメータでは1回目、2回目の測定値が閾値以下であれば、その時点で基準に適合するとみなし、検査を終了することができます(黒煙測定車をオパシメータにより検査する場合を含みます)。

オパシメータによる測定では、閾値(しきいち)による合否判定をします

  • 1回目、2回目の測定において測定値がスクリーニング値の約80%以下であれば、その時点で合格となります(この判定値を閾値(しきいち)と呼んでいます)。
  • 1回目、2回目共に閾値を超えた場合は3回目の測定を行い3回の測定平均値が規制値(黒煙規制車の場合はスクリーニング値)以下であれば合格となります。

オパシメータを用いた規制値とスクリーニング値と閾値

オパシメータを用いた規制値とスクリーニング値と閾値
道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を

引用:「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を改正する告示」参考図より

測定原理

光透過式オパシメータは光源と光センサーの間に排出ガスを通して光の減衰を見ます。

オパシメータ ALTAS-5100D

ページトップ