• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

導電率計とは

水中の電気伝導率を測定し、電気伝度のしやすさを推定します。水の汚れの指標などに使用され、水中に含まれる陽イオン、陰イオンの合計量の目安になります。

導電率とは

導電率とは、電気の流れ易さを表す指標です。単位はS/cm(ジーメンス/センチメートル)と表します。
一方で、電気の流れにくさを表す指標は抵抗率といい、単位はΩ(オーム)で表します。この数値が大きくなると電流は流れにくくなります。式で表すと、1/Ω=Sの関係が成り立ちます。
また、Ωは電圧Vを電流Aで割った値で、Ω =V/Aの関係があります。

水は非常に優れた溶媒としての性質を持っており、測定が簡単なことからいっても大切な測定項目として取り扱われています。下図は様々な水および水溶液の電気伝導率と抵抗率を示しています。純粋な水は絶縁体であり溶解する様々な電解質とその量により、電気伝導率が大きく変化することがわかります。

水溶液 導電率 導電率
超純水 約0.055μS/cm 約18MΩ・cm
純水 約1μS/cm 約1MΩ・cm
水道水 約100〜200μS/cm 抵抗率はほとんど使われません。
ジュース 約3mS/cm
海水 約50mS/cm
醤油 約100mS/cm
20%塩酸 約850mS/cm

通常、S/cmの単位は大きすぎて不便なので、100万分の1の1μS/cmや1000分の1のmS/cmが用いられます。

つまり、導電率が低ければ低いほど、不純物を含まない「純水」に近いと言うわけです。

また、導電率は水質基準において特別な規定はありませんが、溶解性成分(電解質の量とほぼ比例する)を測ることができるので、プール、河川、工場水など、あらゆる水の汚れの目安とすることができます。
つまり、導電率を測定することで、どの程度の水質かを知ることができるのです。

レックスでは、以下の導電率計を取り扱っています。

機種
ポータブル電気伝導率計 CM-31P
メーカー
東亜ディーケーケー
測定範囲
0.1mS/mから10S/m
繰返し性
±0.5% FS

水質管理に欠かせない導電率を、電極を投げ込むだけで測定することができます。リード線5mの投込み式の導電率計です。

ポータブル電気伝導率計 CM-31P

> ポータブル電気伝導率計 CM-31Pをさらに詳しく見る

機種
導電率計 UC-35
メーカー
セントラル科学
測定範囲
0〜2ms/cm、0〜20ms/cm(2レンジ切換式)
再現性
±0.5%

水質管理に欠かせない導電率を、電極を投げ込むだけで測定することができます。リード線5mの投込み式の導電率計です。
こちらの製品は、取扱い終了致しました。

導電率計 UC-35

> 導電率計 UC-35をさらに詳しく見る

機種
携帯用導電率メーター sensION5
メーカー
ハック社
測定範囲
導電率:0〜19.99µS/cm;20〜199.9µS/cm;200〜1999µS/cm;2〜19.99mS/cm;20〜199.9mS/cm
分解能
導電率:0.01µS/cm;0.1µS/cm;1µS/cm
  • オススメ

すべり防止加工で、片手で持ちやすく現場で使いやすい携帯用の導電率計です。

携帯用導電率メーター sensION5

> 携帯用導電率メーター sensION5をさらに詳しく見る

導電率計

ページトップ