• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • 光散乱方式

光散乱式デジタル粉塵計 MODEL3431

日本カノマックス

こちらの商品は取り扱い終了いたしました。

高感度タイプの光散乱式デジタル粉塵計です。用途として、室内環境(特にビル管理法)に即した測定に適しています。0.001mg/m3からの浮遊粉塵測定が可能で、相対質量濃度換算機能が付いているため、演算する必要がありません。

光散乱式デジタル粉塵計 MODEL3431


特長

  • (財)ビル管理教育センター較正認可。
  • 浮遊粉塵0.01mg/m3からの高感度計測が可能。
  • K値を設定することにより、CPM値から質量濃度へワンタッチ表示切り替え。
  • 計量コンパクトで持ち運びもらくらく。
  • 1分、3分、10分、連続の測定モード機能。
  • 簡単なボタン操作でスピーディに光学系セル内のクリーニングが行えます。

測定原理

空気中の浮遊粒子に光を照射すると、粒子から散乱光が生じます(光散乱現象)。 この散乱光の強さが粉じん濃度と相対的に比例することを利用して測定します。本器は、浮遊粉じんを含む試料空気を吸い込み、レーザー光線を照射して、生じた散乱光の強さをフォトダイオード(検出器)によって電気信号に変換し、カウント値として積算します。1分間当りのカウント値(CPM値)はK値(質量濃度変換係数)によって相対質量濃度(mg/m3)に変換されます。

測定原理

用途

  • ビル管理法に基づく環境衛生管理に。
  • 精密機器、計器、電子部品、食品、薬品などの製造工程管理に。

光散乱式デジタル粉塵計 MODEL3431

ページトップ