• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • オススメ

ホルムアルデヒド検知器 FP-30

理研計器

簡易測定に最適なホルムアルデヒド測定器。

厚生労働省ホルムアルデヒドの室内環境基準値0.08ppm(30分平均値)の簡易測定に最適なホルムアルデヒド測定器です。

ホルムアルデヒド検知器 FP-30


特長

  • 厚生労働省指定品(指定番号:1501)。
  • VOCなどの影響をほとんど受けません。
  • 見やすいデジタル表示で濃度直読。
  • 記録不要(データロガ機能付き)。
  • 検知TABをセットするだけで簡単測定。
  • 検知タブは取り扱いが安全なプラスチック製。
  • 暖機不要。
  • 分解能0.005ppm。

用途

  • 室内空気の管理。
  • 住宅資材の管理。
  • リフォーム時のチェック。

化学物質の測定義務化

厚労省方針シックハウス対策

新築の建物で発生するシックハウス症候群が社会問題になる中、厚生労働省は、学校やホテル、百貨店の新築時や大規模な改修時に、原因の一つとされる化学物質ホルムアルデヒドの測定を義務づける方針を決めた。
違反すれば都道府県などが改善命令を出し、従わなければ建物の使用を中止させる「罰則」も適用する。

シックハウス症候群とは

ビルや住宅の建材・家具に含まれる接着剤などから発生する化学物質を吸い込むことで発症するとされる頭痛・のどの痛み・目まいなどの症状の総称。
化学物質を含む新建材を多く用いたり、機密性の高い建物が増えたりしたことを背景に被害が相次いでいる。厚生労働省は、健康被害を防ぐための「望ましい値」としてホルムアルデヒドの指針値を室内空気1立方メートル中0.08ppm以下としている。

フィールドでの即定例(新築マンション)

測定場所 FP-30 DNPH法
室内 0.020ppm 0.025ppm
もの入れ 0.030ppm 0.03ppm
タンス 0.040ppm 0.05ppm

※シニトロフェニルヒドラジン検出法(公定法)

ホルムアルデヒド検知TABの干渉ガス

ガス名 ガス濃度 FP-30指示値
トルエン 1vol% 0ppm
ベンゼン 1vol% 0ppm
アセトアルデヒド 100ppm 0ppm
一酸化炭素 50ppm 0ppm
二酸化炭素 1vol% 0ppm
アンモニア 25ppm 0ppm
アセトン 1vol% 0ppm

ホルムアルデヒド検知器 FP-30

ページトップ