• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

エアーサンプラ S-25N

光明理化学工業

簡易測定に最適なホルムアルデヒド測定器。

室内汚染で問題となっているホルムアルデヒドの濃度測定は、検知管とエアーサンプラの使用で0.01〜1.2ppmの範囲での測定が可能で、厚生労働省の指針値0.1mg/m3/(0.08ppm30min平均)を測定できます。 検知管は測定物質に合わせての販売となります。詳しくはお問い合わせください。

エアーサンプラ S-25N


特長

  • フローセンサーを搭載しており、瞬時流量や積載流量の測定をデジタルで表示します。
  • 定流量、吸引時間の設定が一度で済みます。
  • 瞬時流量、室内環境、大気汚染の有害物質サンプリングにも適しています。

用途

  • 室内空気の管理。
  • 住宅資材の管理。
  • リフォーム時のチェック。

化学物質の測定義務化

厚労省方針シックハウス対策

新築の建物で発生するシックハウス症候群が社会問題になる中、厚生労働省は、学校やホテル、百貨店の新築時や大規模な改修時に、原因の一つとされる化学物質ホルムアルデヒドの測定を義務づける方針を決めた。
違反すれば都道府県などが改善命令を出し、従わなければ建物の使用を中止させる「罰則」も適用する。

シックハウス症候群とは

ビルや住宅の建材・家具に含まれる接着剤などから発生する化学物質を吸い込むことで発症するとされる頭痛・のどの痛み・目まいなどの症状の総称。
化学物質を含む新建材を多く用いたり、機密性の高い建物が増えたりしたことを背景に被害が相次いでいる。厚生労働省は、健康被害を防ぐための「望ましい値」としてホルムアルデヒドの指針値を室内空気1立方メートル中0.08ppm以下としている。

参考資料

種別 設定国 濃度(ppm)
基準値 日本 0.08(30分平均)
ミネソタ州 0.4
勧告値 WHO 0.08(30分平均)
ASHRE 0.1
カルフォルニア州 0.05
オランダ 0.1
デンマーク 0.12
スウェーデン 0.1〜0.4(天井値)

エアーサンプラ S-25N

ページトップ