• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • NEW
  • 一酸化炭素
  • 拡散式

仕様 : 装着型一酸化炭素計 XC-2200

新コスモス電機

装着型一酸化炭素計 XC-2200

仕様

検知対象ガス 一酸化炭素
ガス採気方式 拡散式
検知原理 定電位電解式
検知範囲
(サービスレンジ)
0〜300ppm
(300〜2000ppm)
警報設定値 1段目:50ppm
2段目:150ppm
積算濃度※3:150ppm・h
応答時間※1 30秒以内
表示方式 液晶デジタル(手動バックライト)
警報方式 ブザー、赤色ランプ点滅、液晶表示、振動
防爆構造 Exib II BT3
付属機能 電池残量表示、ピークホールド機能、ピーク値メモリ機能、積算濃度表示機能、ガス警報以外の警報機能(積算濃度※3、センサ異常、電池残量、ゼロ調整不良)、ガス校正機能
使用温湿度範囲 −10℃〜40℃、30〜90%RH以下(結露なきこと)
電源 単4形アルカリ乾電池1本
連続使用時間※2 約5000時間
(無警報時(ガス濃度表示が20ppm以下)、20℃の場合)
外形寸法 W65×H64×D22mm(突起部を除く)
重量 約75g

※1 90%応答、周囲温度は20±2℃の状態とする。
※2 環境条件、使用条件、保存期間、電池メーカーなどにより異なる場合があります。
※3 積算濃度はガス曝露時間(hr)とガス濃度(ppm)の積で表します。本器では、1分間平均濃度の積算値を60分で除して算出しています。なお、時間計算は±5%程度の誤差を有しています。また、単位は便宜上 ppm としています。(例えば、CO 30ppmを5時間連続曝露した場合は、30ppm×300/60=150ppm・hとなります。)

装着型一酸化炭素計 XC-2200

ページトップ