• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • 酸素
  • 可燃性ガス

複合型ガス検知器 XP-3118

新コスモス電機

メタンと酸素濃度を同時検知し、デジタルバーグラフとデジタル数字で測定濃度を表示。

酸素・可燃性ガスを1台で同時検知、同時に表示します。アナログ感覚のデジタル数値で測定濃度をわかりやくすお知らせします。

複合型ガス検知器 XP-3118


特長

  • メタンと酸素の濃度を同時検知・同時測定。
  • アナログ感覚のデジタルバーグラフとデジタル数字での2パターンの測定濃度表示。
  • ブザーとランプで警報をお知らせ。
  • 小型・軽量で手に持ちながらの操作がしやすい。
  • アルカリ乾電池で、約15時間連続使用可能。
  • ポンプの目詰まりなどの以上を自己診断してお知らせする流量異状検知機能搭載。
  • LレンジとHレンジがガス濃度に合わせて自動的に切替わるオートレンジ切替機能搭載。
  • 本質安全防爆構造(Exibd II BT3)※センサー部は耐圧防爆構造

ガスセンサー

接触燃焼式センサー

検知原理は触媒表面でのガスの接触燃焼による白金線コイルの温度上昇を測定。

  • 出力がガス濃度に比例し、LELまでほぼ直線です。
  • 精度が高く、再現性に優れています。
  • 周囲温度、湿度による影響をほとんど受けません。
  • 小電力型は従来の接触燃焼式に比べて、消費電力が約1/4です(メーカー比)。

隔膜ガルバニ電池式センサー

検知原理は2つの電極(Pt-Pb)と隔膜、電解液で構成された電池の反応物質として酸素を利用した時に生ずる反応電流を測定。

  • ガス検出に際して外部電源を必要としません。
  • 取り扱いが容易で普及性があります。
  • 出力が酸素濃度に比例し、40vol%までほぼ直線です。

用途

  • 各種工場、タンク内、マンホール内、トンネルなど地下工事現場での日常点検・安全確保に。

各部名称

複合型ガス検知器 XP-3118

ページトップ