• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • 分析機能

2ch小型FFT分析器 SA-78

リオン

小型軽量なので現場で簡単に測定可能なハンディタイプのFFT分析器。

ハンディタイプの2チャンネルFFT分析器です。入力端子にBNCコネクタ(2ch)または7ピンコネクタ(1ch)を備え、外部信号入力、圧電式加速度ピックアップ(プリアンプ内蔵タイプ)や計測用エレクトレットマイクロホンなどが直接接続できます。測定データをコンピュータに取り込めば、表計算やグラフ表示が可能です。

2ch小型FFT分析器 SA-78


特長

  • 2ch入力で、現場でも手軽に伝達関数の測定が可能。
  • FFT分析だけでなくオクターブバンド分析も可能(合成)。
  • 分析周波数の上限が80KHzなので、超音波の分析も可能。
  • メモリーカードに測定結果の保存や時間波形の収録が可能(波形収録は波形収録カードSA-78WRを使用)。
  • 収録波形の解析が波形解析ソフトウェアCAT-78WRまたは多チャンネル分析処理器SA-01で可能。
  • 交流出力端子を持ちデータレコーダーなどに接続が可能。
  • 単2形アルカリ乾電池4本で約15時間使用が可能(バックライト、定電流駆動電源OFF)。

表示画面例


  • 波形・スペクトル表示画面

  • スペクトル表示画面

  • 1/3オクターブバンド表示画面

  • 伝達関数表示画面

  • ピークリスト表示画面

波形収録カード SA-78WR(付属品)

SA-78WRを使用することにより時間波形を収録することができます。信号波形は、校正データと共にWAVE形式のデータファイル(****.WAV)で、波形収録専用のメモリーカード(CFカード)に保存されます。このデータファイルはオプションのSA-78WR用波形解析ソフトウェアで周波数分析ができます。


最大収録時間(128MBCFカード使用時)

周波数 100Hz 200Hz 500Hz 1kHz 2kHz 5kHz 10kHz 20kHz
1ch収録 66時間40分 33時間20分 13時間20分 6時間40分 3時間20分 1時間20分 40分 20分
2ch収録 33時間20分 16時間40分 6時間40分 3時間20分 1時間40分 40分 20分

波形解析ソフト CAT-78WR(オプション)

CAT-78WRは、SA-78およびSA-78WRを使って収録したWAVE形式のデータファイルを解析・保存するソフトウェアです。解析はFFT分析・オクターブバンド分析が選択できます。

※対応OS:Microsoft Windows 98SE/ME/2000/XP(本製品はキャテック株式会社の製品です)。


  • 波形読み込み画面

  • 4画面表示画面

  • スペクトルマップ画面

  • 重ね書き画面

2ch小型FFT分析器 SA-78

ページトップ