• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

騒音振動レベル処理器 SV-76

リオン

2ケ所までの任意の地点における騒音、振動レベルを同時に測定し、データを自動処理。

騒音計、公害用の振動レベル計を前置機器として、騒音規制法、振動規制法、および騒音に係わる環境基準などで定められた測定方法により、2箇所までの任意の地点における騒音、振動レベルを自動的にかつ同時に測定しデータ処理した後に印字、測定時のレベル波形、演算結果などを液晶表示する統計、演算処理器です。 SV-76は2台以上をマスタスレーブ方式により連動できるため、3点以上の同時測定が可能です。

騒音振動レベル処理器 SV-76


特長

2チャンネルデータを同時処理

騒音規制法、振動規制法、および騒音に係わる環境基準により定められた測定方法により騒音、振動レベルのデータ処理、記録が同時に2チャンネルまで自動測定可能。

マスタスレーブ方式による連動動作で多チャンネル同時測定

マスタスレーブ方式により、SV-76を複数台同期して3点以上の同時測定が可能。またリモートコントロール端子によりレベルレコーダーを同期して、本器が測定中アナログ記録可能。

測定開始、測定終了は月、日、時、分まで任意設定、設定後は全自動測定

測定条件は任意設定とプリセットの2系統選択

中央値等5値およびLeq、Lmax、Lmin、累積度数曲線、度数分布を測定。

商用電源使用時に内蔵電池で停電補償動作

マンガン乾電池で約8時間、アルカリ乾電池で約30時間、バッテリーユニットDP-11で約15時間、DP-1240で約41時間動作。

レベル波形記録、レベル波形表示

サンプリング間隔0.1秒、最大10分間のレベル記録。

液晶表示画面例


  • メニュー画面

  • レベル波形表示1

  • レベル波形表示2

システム図


騒音振動レベル処理器 SV-76

ページトップ