• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • アナログ

仕様 : レベルレコーダー LR-07

リオン

レベルレコーダー LR-07

仕様

適合規格 JIS C 1512:1996「騒音レベル、振動レベル記録用レベルレコーダー」
入力部
入力インピーダンス 50kΩ不平衡
最大目盛りを指示するのに要する電圧 AC入力 0.2〜10Vrms DC入力 0.5〜25V
記録部
記録方式 自動平衡方式
周波数範囲 記録範囲25dB、10dBのとき 1Hz〜100kHz(許容差±1dB)
記録範囲Linearのとき 1Hz〜100kHz(フルスケールの±10%)
記録範囲50dBのとき 1Hz〜20kHz(許容差±0.5dBただし1Hzでは1dB)
整流方式 真の実効値整流(true RMS)
動特性 騒音計の速い動特性(FAST)
騒音計の遅い動特性(SLOW)
振動レベル計の動特性(VL)
平均化時定数(FF)
記録ペンの応答 指数応答形
記録ペン速度 400mm/s以上
紙送り速度 0.01、0.03、0.1、0.3、1、3、10、30mm/sの8段切り替えおよび外部同期(パルス駆動)誤差±2%以下
紙送り制御測定 記録範囲50dBのときに使用可能
設定レベル以上の入力のときに紙送りが設定紙送り速度の10倍となる(ただし、紙送り速度の設定値が3、10、30mm/sおよび外部同期の場合は無効)
設定レベル 10、15、20dBの3段切り替え
電源 単1形乾電池×6、ACアダプター
使用温湿度範囲 乾電池使用時:使用温湿度範囲 0〜+50℃ 90%RH以下(結露しないこと)
ACアダプター:−10〜+50℃ 90%RH以下(ただし結露しないこと)
寸法 約250(W)×324.2(D)×121.5(H)mm
重量 約3.6kg(マンガン電池を含む)

レベルレコーダー LR-07

ページトップ