• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • アナログ

2チャンネルレベルレコーダー LR-20A

リオン

各チャンネルは独立型、騒音レベルと振動レベルの記録や、2地点のレベル差の記録に最適。

各チャンネルは独立型、騒音レベルと振動レベルの記録や2地点のレベル差などの記録が行えます。また、周波数分析器と同期した測定、音響機器やトランスジューサの特性測定、さらに直流電圧を記録する一般的な記録計としても使用できます。騒音と振動の同時測定時などに適しています。

2チャンネルレベルレコーダー LR-20A


機能

  • 記録モードは各チャンネル独立 。
  • AC、DC両入力による記録可能。
  • LOG(レベル)、LIN(電圧)、レベル差の記録 。
  • 1〜20kHzの周波数範囲。
  • 50dB(レベル)、50mm(電圧)の記録レンジ 。
  • True RMS検出方式、波高率10で0.5dB。
  • 3種類のペン動特性 。
  • マーカーペン付き。
  • 耐環境特性に優れ、長時間記録の可能
    な3色のファイバーペン 。
  • 0.01から30mm/secまで8種類の記録紙速度。
  • 記録紙の逆送りが可能(30mm/sec) 。
  • 記録紙検出機構により記録紙がなくなると
    紙送りとペン動作の自動停止。
  • ペン、紙送り、マーカーのリモートコントロール 。
  • 周波数分析器、フィルタとの同期駆動。
  • マスタスレイブによる他機種との連動。
  • タイマー、チャートワインダなど多くのオプション。
  • AC100V、DC9〜16V、電池による3電源方式 。
  • 夜間測定のための記録紙照明ライト付き。
  • 充電式電池の併用により停電保障5時間 。

特長

  • 各チャンネルは独立しており、ペン動特性は別々に設定できます。したがって騒音、低周波音、振動レベルの各モードを組み合わせて、またレベルと電圧の組み合わせでも記録できます。
  • 交流信号だけでなく直流の信号も記録できます。
  • 電圧を対数化したレベルと電圧を記録できるため、例えば騒音レベルと振動加速度、変位、速度との関係あるいは風速、回転数などとの関係の測定ができます。
  • チャンネルAからチャンネルBのレベルを差し引いたレベル差の記録ができ、壁などによる遮音量の測定や離れた点間の減衰量の測定が簡単にできます。
  • マーカーペンを持っており、記録紙の端にマークできます。リモートによるマーカーペン操作も可能です。
  • 記録ペンは騒音計などのメータと等価に動く指数変速形であるため、信号の継続時間、立ち上がり速度やどのようなレベル変動によってもメータの指示値を忠実に記録します。
  • 真の実効値(True RMS)検出回路により、波高率10で偏差0.5dBという実効値電圧記録精度を持ち、どのような信号も正確に記録できます。
  • 3電源方式で、どのような場所でも測定できます。
  • 交流電源100Vと充電式電池を併用すれば、連続約5時間の停電保障機能付きとなります。
  • 電池を含んで4.6kgという小型ポータブルタイプ。

システム図


2チャンネルレベルレコーダー LR-20A

ページトップ