• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

雑音発生器 SF-06

リオン

遮音・残響測定時の試験音のホワイトノイズ、ピンクノイズ、バンドノイズを発生。

雑音発生器 SF-06は、DSPを使用した信号処理技術を応用し、M系列疑似ランダムノイズからホワイトノイズ/ピンクノイズを生成、1/1オクターブフィルターを用いて、バンドノイズを作る雑音発生器です。 周波数範囲20Hz〜20kHzのピンクノイズ、ホワイトノイズ、中心周波数31.5Hz〜8kHzのオクターブバンドノイズを容易に設定して発生することができます。 建築音響関連計測、残響室を用いた吸音率の測定、遮音量の測定に使用できます。

雑音発生器 SF-06


特長

  • M系列疑似ランダムノイズを信号源とするホワイトノイズ、ピンクノイズの生成。
  • M系列繰り返し周期約12時間(理論値)、シーケンスクロック50kHz。
  • 中心周波数31.5Hz〜8kHz の 1/1 オクターブ9バンドのフィルタを選択し、隣り合うバンドは複数選択して同時出力可能。
  • ノイズ出力抑制は、連続出力、自動バースト、手動、外部トリガを選択可能。
  • シリアルインターフェイスを装備、コンピューターによる外部コントロールが可能。
  • 各種コネクタ類を側面に配置し、本体を立てた状態での使用が可能。

用途

  • 建築音響関連計測。
  • 残響室を用いた吸音率の測定
  • 遮音量の測定。

使用例


雑音発生器 SF-06

ページトップ