• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • 記録可能
  • 分析可能

低周波音レベル計 NA-18A

リオン

低周波測定に加え、1/3オクターブバンドの分析が可能。

G特性音圧レベルの測定と同時に、1/3オクターブバンドの実時間分析を可能にした低周波音レベル計です。G特性周波数重み特性および1/3オクターブバンドフィルターは、国内・国外の規格に適合しています。本体はプリアンプ一体型1インチセラミックマイクロホンUC-24で校正されています。液晶表示、操作キースイッチ、交流出力端子、シリアル通信端子、赤外線通信窓を備えています。

低周波音レベル計 NA-18A


特長

  • 周波数補正特性にG特性を持ち、1/3オクターブ実時間分析機能を装備します。
  • 低周波音圧レベル(1〜100Hz)、G特性音圧レベル、1/3オクターブバンドレベルを同時に測定。
  • G特性周波数補正回路、実効値検波回路、1/3オクターブバンドフィルターはDSPによるデジタル演算を採用し、信頼性の向上が図られています。
  • データレコーダー用交流出力(1〜500Hz)とレベルレコーダー用交流出力(低周波音圧レベル<1〜100Hz>、G特性音圧レベル、1/3オクターブバンドレベルのいずれかを選択)。
  • シリアル通信機能によりデータをパソコンに容易に取り込むことができ、市販されている表計算ソフトでのデータ編集が可能です。

液晶表示画面


  • 音圧レベル測定画面

  • 1/3オクターブバンド分析数値画面

低周波音は、どのような音なのでしょうか?

低周波音とは一般に1Hzから100Hzの音波のことをいい、その中でも特に1Hzから20Hzの人間の耳に音として捉えられない音波を、超低周波音といいます。NA-18Aは、一般にいう騒音を測定する騒音計と違い、低周波音を測定する目的で開発した測定器です。

低周波音による苦情は30年ほど前から表面化してきました。発生源としては、工場・事業場、建設作業、道路交通、鉄道、航空機などが上げられます。通常の騒音は、耳で聞き”うるさい”という感覚的な表現が使われますが、耳で聞きづらい、あるいは聞こえない低周波音は”不快・圧迫感”という心理的な表現が使われます。一般に人は、10Hzの低周波音ではおよそ90dB以上の音圧時、20Hzの低周波音ではおよそ80dB以上の音圧でその低周波音の存在を認知するといわれ、さらに大きなレベルになると先の心理的表現による苦情となる場合があります。

G特性

超低周波音による心理的・生理的影響の評価特性として、1995年3月にISO7196でG特性が規格化されました。一般に、G特性音圧レベルがおよそ 90dBを超えると、低周波音を知覚すると言われ、さらに大きなレベルになると生理的影響(睡眠、息苦しさ、血圧等)を与えると言われます。


低周波音レベル計

低周波音を測定すると同時に、1/3オクターブバンドを行います。低周波音のレベルが大きくなると、直接人体に作用し不快感を与えますが、間接的に人に影響を与える場合もあります。例えば、低周波音によって窓や障子など、建具がガタツキ音を発生する場合です。そのような、ガタツキ音は、不快感を与えることがあります。実は、この建具のガタツキと低周波音の周波数成分とは密接な関係があり、周波数成分の音圧レベルを調べることで、圧迫感、振動感の周波数とガタツキが低周波音に起因するものであるのかを明確にすることができます。


低周波音レベル計 NA-18A

ページトップ