• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • オススメ
  • 記録可能
  • 分析機能

普通騒音計 NA-27A

リオン

オクターブバンドや1/3オクターブバンド分析がこれ1台で可能。

騒音測定と1/3あるいは1/1オクターブ実時間周波数分析が同時にできるハンディータイプの積分形の騒音計です。騒音計部は独立した2つの騒音計回路を持ち、1台で異なった動特性・周波数特性の条件での測定を同時に行えます。本体内データ記録が可能で、騒音分析調査、研究用です。もちろん、普通の騒音計としても使えます。

タイプ
普通騒音計 NA-27A


特長

実時間周波数分析器を内蔵

1/3または1/1オクターブの周波数分析がこれ1台で可能となりました(メインチャンネル)。

メイン・サブチャンネルのデュアル測定

2つの騒音計回路を持ち、例えばA特性で測定しながらC特性の信号を測定するというように周波数特性や動特性を任意に選択して同時に測定ができます。

あらゆる測定・評価方法に対応

現在世界で使用されている測定あるいは評価地、Lp(瞬時値)、Leq(等価騒音レベル)、Le(単発騒音暴露レベル)、Lmax(最大値)、Lmin(最小値)、Lx(時間率騒音レベル)、Ltm3・Ltm5(3あるいは5秒間の最大値のパワー平均値)、およびLpeak(ピーク音圧レベル)を演算することができます。

充実したデータメモリー機能を装備

マニュアルまたはオートモードで瞬時値もしくは演算結果をストアします。マニュアルストア用に1ブロック、オートストア用に2ブロックのメモリーが個別に確保されています。

バックアップ機能

レベルレンジや周波数補正特性の騒音計の設定内容は電源を切っても保持されており、電源を入れるだけで前回の測定値と同じ内容に設定できます。

連続8時間の省エネ設計

アルカリ乾電池使用で従来の倍の長時間動作を実現しました(メーカー比)。

バックライト付き大型液晶表示器で、夜間測定も可能。

用途

  • 重軽量床衝撃、室間、室内外、設備、環境音クレーム、竣工検査、竣工前調査、実験室などでの騒音計測。

1/3・1/1オクターブ実時間分析回路を内臓

騒音対策および騒音防止のために測定や音響特性の評価では周波数分析を行うことが有効です。NA-27Aでは、1/3および1/1オクターブ分析を本体だけで行うことができます。

  • 1/3オクターブ分析画面
    1/3オクターブ分析画面
  • 1/3オクターブ分析数値画面
    1/3オクターブ分析数値画面

4つのメニュー画面で条件設定

SET UP・MEMORY・DISPLAY・I/Oの4つのメニュー画面はダイレクトキーによる呼び出しにより各メニューグループ内の設定をはじめ設定内容の確認がスピーディーに行えます。

  • SET UP画面
    SET UP画面
  • I/O画面
    I/O画面

普通騒音計 NA-27A

ページトップ