• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • 記録可能
  • 分析機能

精密騒音計 NA-28

リオン

TFTカラー液晶採用で、オクターブバンドや1/3オクターブバンド分析が見やすく。

計測を効率的にするための「オクターブバンドと1/3オクターブバンドの同時分析」、見やすい「バックライト付、カラーTFT液晶」、さらに環境に配慮した低消費電力の「エコ設計」、安心して操作できる「日本語メニュー表示」。

精密騒音計 NA-28


特長

  • バックライトによる見やすい、「TFTカラー液晶とキー操作パネル」の採用。
  • 16Hz〜16kHzまでのオクターブバンド実時間分析、12.5Hz〜20kHzまでの1/3オクターブバンド実時間分析が可能。
  • オクターブ、1/3オクターブバンド実時間分析の同時測定も可能(分析上限周波数帯域、オクターブバンドは8kHz、1/3オクターブ バンドは12.5kHzまで)。
  • 測定結果はメモリーカード(CFカード)にテキストファイルで直接記録。
  • コンパレーター出力はオープンコレクタで、外部機器の制御が可能。
  • 外部機器からも制御が可能なトリガ入力端子を装備。

用途

  • 重軽量床衝撃、室間、室内外、設備、環境音クレーム、竣工検査、竣工前調査、実験室などでの騒音計測。

表示画面例


  • 分析器モード画面
    (1/1・1/3同時分析)

  • 分析器モード画面
    (時間対レベル表示)

  • 騒音計モード表示
    (騒音レベル表示)

  • メニューリスト画面
    (日本語表示)

精密騒音計 NA-28

ページトップ