• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • オススメ

ニオイセンサー XP-329IIIR

新コスモス電機

「ニオイ」の強弱を数値化し、「レベル表示」と、「臭気指数」の2つの方法で測定。

相対比較に加え、指数変換テーブル作成・入力によって、臭気指数変換が可能です。メモリー機能付き。

ニオイセンサー XP-329IIIR


特長

電源投入「1分」で測定OK!

毎日ご使用になる場合、1分で測定が可能になりました。

ゼロベース設定を標準化

ベース調整用活性炭フィルタを標準装備しました。

測定モード切り換えはボタン1つ

リアルタイム表示の連続モニタリングモードと、バッチ測定1分のモード切り換えが簡単なボタン操作で行えます。

データメモリー機能

「ニオイセンサー」にメモリーされたデータを専用ソフトでパソコンに取り出すことができます。

「レベル」と「臭気指数(相当値)」表示切り替えが可能

ニオイの強さを従来のレベル(0-2,000)表示のほか、嗅覚測定法の「臭気指数」に相当する数値としても表示します。

オリジナルの臭気指数(相当値)変換を実現

測定対象臭気に合わせた指数変換テーブルをお客様ご自身で入力できるようにしました。

センサーの構造と原理

XP-329IIIRには高感度酸化インジウム(In2 O3)系熱戦型焼結半導体センサーを搭載しています。
白金線コイル上に金属酸化物を直径約0.4mmの玉状に塗布した後、焼結させた構造です。金属酸化物半導体表面にニオイ分子が吸着すると、その電気伝導度がよくなり抵抗値が低下します。この抵抗値変化をブリッジ回路の偏差電圧として取り出します。

用途

  • 工場排気臭測定。
  • 脱臭装置や空気清浄器の性能評価。
  • 工場周辺の環境管理。
  • 室内や車内の環境モニター。
  • 河川や工場排水の水質監視。
  • 物理化学反応の追跡。
  • 病院のニオイ測定、消臭確認。

ニオイセンサーを活用するために

ニオイセンサーは臭気の質により感度が異なります。測定対象臭気ごとの相関グラフを作成することで、「臭気強度」や「臭気指数」での日常管理が可能になります。

(1)「臭気強度」※1との対比(検量線を求める)

「臭気強度」 との対比(検量線を求める)

※1.「臭気強度」ニオイの強さの尺度で、0〜5の6段階臭気強度表示法が広く用いられる。

  • 0:無臭
  • 1:やっと感知できるニオイ(検知闘値)
  • 2:何のニオイかわかる弱いニオイ(検知闘値)
  • 3:楽に感知できるニオイ
  • 4:強いニオイ

  • 5:強烈なニオイ

(2)「臭気指数」※2との対比(臭気指数変換の元になるデータの作成)

「臭気指数」との対比(臭気指数変換の元になるデータの作成)

※2「臭気指数」ニオイ(原臭)を「無臭の清浄な空気で希釈したとき、丁度無臭に至るまでに要した希釈倍数」を「臭気濃度」と定義されており、「臭気指数」は臭気濃度の常用対数を10倍した値のことを示します。

臭気指数=10×log(臭気濃度)

ニオイセンサー XP-329IIIR

ページトップ