• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • オススメ

定電位電解法拡散式オゾンガスモニタ OZG-EM-010K

アプリクス

幅広いニーズにお応えできるオゾン計。

オゾンガス利用エリアでの濃度管理に用いられるオゾン計や、警報器として使用される機器は、性能・メンテナンス性・コストのバランスが重要です。定電位電解法拡散式オゾンガスモニタ OZG-EM-010Kは、これらの点に考慮し、幅広いニーズに対応します。

定電位電解法拡散式オゾンガスモニタ OZG-EM-010K


特長

  • センサー交換はコネクタの抜き差しで簡単に行えます。また、初期校正では、ゼロ調整後、センサー補正係数に合わせるだけでスパン調整が行えます。
  • 伝送出力によりオゾン濃度がリアルタイムで出力されていますので、濃度監視ができます。
  • 警報出力として接点1cを採用していますので、設定値に対してON/OFFができます。また、電源オフ時は警報出力オンとなります。

検知原理

本製品に取り付けるセンサーは、従来、溶液の電気化学分析で用いられていた定電位電解法をガス電極に用いることにより、低濃度のガス分析を可能としました。
下記図にセンサーの構造を示します。3つの電極は、電解液相と気相に接触しており、作用電極にO3が近づくと、O3+2e→O2+O2−の反応が起こります。
また、空気中の酸素を吸着した対極では、O2-+2H+→H2Oの反応が作用電極と等価に生じます。
全反応としては、O3+2e-+2H+→O2+ H2O になり、このO3の酸化反応で流れる電流を検出すれば、O3 濃度に比例した電流値が得られます。

イメージ:検知原理

外形図

定電位電解法拡散式オゾンガスモニタ OZG-EM-010K

ページトップ