• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • NEW
  • 光散乱方式

デジタル粉塵計 LD-5

柴田科学

採気口にPM2.5用分粒装置を装着することでPM2.5が計測可能に!
測定結果を多様な様式で表示できる光散乱方式の相対濃度計です。

LD-5型は測定結果を多様な様式で表示できる光散乱方式の相対濃度計です。ろ過捕集法に比べ光散乱方式の相対濃度計は短時間で測定ができます。また、急な濃度変化を把握できるなどの利点もあります。
(社)日本作業環境測定協会型式認定器。

デジタル粉塵計 LD-5


特長

作業環境管理の新スタンダード

LD-5型は、光散乱方式による相対濃度計として、ろ過捕集法に比べ短時間でデータが得られるなどの利点があります。一方、得られた相対濃度は、特性上、ろ過捕集法を基準として、質量濃度変換係数を求め、質量濃度に補正する必要があります。質量濃度変換係数(K値)を入力することにより、計数値を簡単に質量濃度換算することができます。

  • ポンプを内蔵し、吸引流量が安定しています。
  • 瞬時値(バーグラフ)と積算カウント値を同一画面上で確認できます。
  • 測定中の濃度値の推移を画面上で確認できます。(トレンドグラフ)
  • 構成部品の情報を画面上で呼出してメンテナンス時期を確認できます。 (システムモニター、故障警報)
  • フィルタの汚れ具合を視認できます。
  • 簡易ロギング機能により測定中に簡単な操作で測定値を記録できます。
  • ロギング測定にて記録した測定値を、付属のケーブルと専用通信ソフトでパーソナルコンピューターに取り込めます。
    ※動作可能OS:Windows98/Me/XP
  • 付属の通信ソフトでパソコン画面でリアルタイムにカウント数、トレンドグラフのモニタリングが可能です。

PM2.5も計測可能(オプション)

LD-5 PM2.5も計測可能

オプションのPM2.5サイクロン式分粒装置を採気口に装着することによって、PM2.5も計測可能になります。

  • 機動性を重視した簡易測定器で、空気中に浮遊するPM2.5粒子濃度を簡易的に測定できます。
  • 可搬型で測りたい時にどこででも短時間でPM2.5粒子の簡易測定が可能です。
  • 光散乱方式の粉じん計で採気口にPM2.5用分粒装置を装着しています。
  • 付属の通信ソフトでPCによるリアルタイムモニタリングやロギング測定による測定値のデータ取込が可能です。

※測定精度を高めるには、ろ過捕集法を基準として質量濃度変換係数を求めたうえで質量濃度に換算する必要があります。
※環境省の「環境大気常時監視マニュアル第6版」など公定法準拠の方式とは異なります。
※全天候型ではありません。雨や霧にはご注意ください。

デジタル粉塵表示装置 DD

デジタル粉塵計LD-5(柴田科学)粉塵表示装置とデジタル粉塵計LD-5を組合せて使用します。
濃度が濃い現場ではデジタル粉塵計LD-5D、普通濃度の現場ではLD-5を使用します。

粉塵表示装置は、工事現場などに設置し、粉塵濃度を表示し、設定値を超えた場合に警報を動作させる装置です。また、当社の「粉塵計測システム」へ接続することにより、粉塵計測システムの豊富なオプションが使用可能です。


機種名 デジタル粉塵表示装置
型番 DD
メーカー名 レックス

デジタル粉塵計 LD-5

ページトップ