• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

SS濁度計 ST-100

セントラル科学

SSと濁度を1台で測定。

積分球式散乱光方式の濁度計です。採取した試料水を専用セルに入れて測定します。

SS濁度計 ST-100


特長

  • 用排水の水質分析においてSSの測定は、BOD、CODなどとともに重要視されています。
  • 従来の手分析によるSS測定は、時間がかかり、個人誤差が大きく、操作も繁雑です。
  • 本器は短時間で簡単、高精度にデジタル表示でSSを測定することができます。
  • 積分球式散乱光度法による浮遊物質(SS)測定は、重量法(JIS法)で行う、濾過、加熱、重量測定の操作を必要としない直接的な方法です。
  • SSと濁度を1台で測定できます。
  • 繁雑な操作の必要がなく、広範囲(2レンジ切換)のSS測定ができます。
  • 積分球方式ですので、試料の色の影響を受けません。
  • 測定に必要なサンプル量は少量です。
  • 操作が簡単でコンパクトです。
  • 交直両用で、ACアダプター付き充電器を付属しています。
  • 持ち運びに便利な携帯ケース付きです。

SS濁度計 ST-100

ページトップ