• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

  • 記録可能

振動レベル計 VM-52

リオン

VM-52は計量法およびJIS C 1510-1995に適合した振動レベル計。

VM-52は人体の振動感覚特性で補正した振動量(振動レベル)または振動加速度レベルで振動の大きさを評価するための測定器で、PV-83B公害用3方向振動ピックアップおよび本体から構成されます。本体内にデータを記録することが可能です。

タイプ
振動レベル計 VM-52


特長

入出力コネクターはすべてパネル面に設置
振動レベル計は屋外での使用が多く、直接地面に置いて使用することを考慮し、入出力コネクターはすべて上部パネル面に配置しました。
65dBの幅広いダイナミックレンジ
振動レベルと振動加速度レベルは30〜120dBの範囲で測定。ダイナミックレンジは65dBと広く、レンジの変更はほとんど不要です。
瞬時値、最大値の測定のほかにパワー平均、時間率レベルの演算、レベルモニターを表示
時間率レベル(Lx)・L5・L10・L50・L90およびL95を累積度数分布により3方向同時に演算します。
X・Y・Zの3方向同時測定表示・出力
付属のピックアップPV-83BはX・Y・Zの3方向にそれぞれ独立した検出器を内蔵、さらに本体の電気回路も3回路独立しているので同時計測ができます。
大型液晶表示
バックライト付き大型液晶表示器に測定値のほかに、周波数補正・振動方向・レベルレンジ・日付/時刻・測定時間・電池電圧などを表示します。

振動レベル計 VM-52

ページトップ