• 豆知識
  • レンタルまでの流れ
  • レンタル対応地域
  • 会社案内
  • お問い合わせ

水圧式メモリー波高計 INFINITY-WH

JFEアドバンテック

1GBの大容量miniSDカードで、0.1秒のサンプリングが可能。

水底に設置し、水表面の昇降にともなう水圧変化から求める水圧式で、1GBのminiSDカードにより、0.1秒サンプリングが可能となりましたので、短周期から長周期までの波高観測が可能です。1時間バーストの20分計測で、1ケ月の連続観測が可能です(サンプル12,000個)。

水圧式メモリー波高計 INFINITY-WH


特長

容易な取り回し、高速データ転送

INFINITYシリーズは、高性能16bit MCUで制御され、記録媒体としてminiSDカードを有する内蔵記録方式の計測器です。観測設定は、USBを介してパソコンから直接入力するか、計測器から取り出した miniSDカード上にパソコンで設定を入力するかを選択することができます。また、USB、miniSDカードを使用することで、高速通信を可能としました。この結果、現場環境を問わず、迅速、安全且つ容易な取り回しを可能にしました。

大記憶容量

INFINITYシリーズは、記憶容量1GバイトのminiSDカードが標準装備されていますが、市販の2GバイトまでのminiSDカードで動作を保証しており、お客様の観測仕様にあわせて交換が可能です。標準1Gバイトの場合、最大1600万デ−タまでの記録が可能です(ただし、観測時間は、電池容量と消費電流によって決定されます)。 さらに、繰り返し収録延長・保存も可能な設計をとっています。miniSDカードに記録されたデータファイルは、Windows対応形式ですので、Windows 搭載パソコン内蔵のカードスロットや市販のカードリーダ・ライタで、データ読み込み、および、ファイル管理を高速処理することができます。

動作確認機能

INFINITYシリーズは、観測開始を音で知らせる 「動作確認機能」を新たに搭載しました。 容器を閉めた状態でも動作確認ができます。

カメラ用リチウム電池を採用

INFINITYシリーズは、カメラ用リチウム電池(CR- V3)を採用しました。この電池はカメラショップや家電量販店で容易に入手可能です。最大搭載電池数は4本ですが、1本でも動作が可能な設計になっています。観測仕様に合わせて経済的な運用が可能になりました。

観測モード

INFINITYシリーズの測定モードは、以下の2種類のモ−ドを用意しております。短期の観測から、最長1年の連続観測に対応可能です。


  • 連続モード

  • バーストモード

使い勝手の良いソフトウェア

INFINITYの観測制御ソフトウェアは、現場観測者からのご意見を組み込み、使い勝手の良いソフトウェアとして再構築しました。例えば、観測インターバル設定は、0.1秒から6,000秒の範囲で選択が可能となり、より細密な観測計画が立てられるようになりました。


  • データ画面

  • 時系列図画面

  • 通信画面

波形ソフトウェア


  • 1/3、1/10、最大、平均波高計算

  • 各バーストごと演算

  • 1/3、1/10、最大、平均波周期計算

  • スペクトル計算

水圧式メモリー波高計 INFINITY-WH

ページトップ